アメリカなど海外でパイロット免許を取得するには?

パイロットの免許は、日本国内はもちろん海外でも取得することができますが、取得する国において訓練を受けることが必要です。

日本で訓練を受け、パイロットの免許を取得する場合には、航空身体検査を受けて操縦練習許可証を発行してもらい、訓練学生として必要な訓練を受けることができます。

アメリカなどの海外でのパイロットの免許を取得する場合には、訓練を受ける国に飛行学生として滞在が可能なビザを取得する必要があります。

海外での飛行訓練などを受けるためには、観光ビザでの滞在は不法滞在になりますので、トラブルの元にもなります。

スポンサーリンク
pilot-manabuレクタングル大

目次

海外で訓練を受けるための準備は?

海外で訓練を受けるための準備は、パイロットの免許を取得するための滞在を認めてくれるビザの取得が最も重要です。

このビザの取得には、訓練を受け入れてくれるパイロット養成学校、フライトスクールなどの受け入れ証明が必要で、この証明書と必要書類を留学する国の大使館や領事館に提出し、必要な手続きをします。

大使館や領事館などで、面接などもあり、許可が下りれば、留学生として訓練を目的とした留学ができます。

アメリカなどの海外でのパイロット取得をカリキュラムに組み込んだ養成機関が、日本には多くあり、留学のための手続きなどについても、相談してみることをオススメします。

海外でのパイロットの免許の取得は?

海外でのパイロットの免許の取得は、ICAO加盟国であれば、日本国内と同様な訓練内容が実施されています。

特に、留学先として選ばれるアメリカには、日本人の飛行教官のいる訓練校もあり、語学に不安を持つ場合には、そういった要素も考慮してみることも訓練の不安解消につながるかもしれません。

しかし、海外での飛行訓練を受ける場合、外国人の教官からの指導ですので、当然英語でのやりとりになり、さまざまな場面で、外国人とのコミュニケーションの取り方に神経を使います。

日本での教育方法とは違い、海外での教育は自分の意志をはっきり伝えることが求められます。

毎時間のフライトのシミュレーション、学科の予習復習は、入念に行って積み重ねることが、免許取得の近道です。

パイロットの免許の取得は?

パイロットの免許の取得には、高額な訓練費用が必要で、アメリカなどの海外の取得費用と比較すると、日本は2倍以上の費用になります。

そのため、多くの養成機関では、海外での免許取得訓練と国内の飛行訓練を連携させています。

海外で免許を取得するには、訓練を受ける国に航空留学する必要があります。

訓練内容は、ICAO加盟国同士においては、ほぼ同じ教育体系をとっていますが、海外での訓練には、航空学生としてのビザの取得が絶対条件です。

受け入れてくれる訓練校からの許可証の発行、大使館や領事館からのビザの発給といった、必要な手続きを的確に行うことが必要です。

スポンサーリンク
pilot-manabuレクタングル大

pilot-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする